ホーム > Netscape Composer講座 > 表でレイアウト

その他、表の設定

まだまだ表には使い方があります。もうちょっと頑張りましょうね。

セルの間隔とは  ★★

セルの間隔を増やすことにより文字を見やすくし、間隔を無くすことにより、画像の多彩な可能性が引き出されます。

例:文章

セル内の「余白」を0ピクセルにした場合

あああああ あああああ

セル内の「余白」を5ピクセルにした場合

あああああ あああああ

例:画像

セル内の「余白」を0ピクセルにした場合

ここに何でも
入力できる
ここにも何でも入力出来る。
画像じゃないんです。

セル内の「余白」をピクセル、枠をピクセルにした場合

ここに何でも
入力できる
あとは簡単に
カスタマイズ可能!

どうですか?面白いでしょう!

セルの間隔を設定  

手順1:表のプロパティーを表示させる

手順2:[枠と間隔]の項目で[枠][間隔][余白]をそれぞれ変更し[OK]を押す。


ユーザビリティー  

ブラウザの大きさに合わせて表の大きさを考えてみます。

ブラウザを画面最大で見る方もいれば小さいウィンドーで見る方もいます。また、B5ノートパソコンでは10〜12インチ画面での表示となります。

すると、画面を横にスクロールしなければならない場合が発生します。
上下のスクロールは皆さん慣れていますし、最近ではマウスにスクロールホイールが付いて簡単にスクロールできるようになっているので問題ないのですが、
横スクロールは面倒くさいです。

結論!

ページ全体をレイアウトする表では

  1. 幅を600ピクセル、最大でも700ピクセルに抑える!
  2. なるべく表はパーセントで指定する。(レイアウトを崩さないようにするのは至難の業となりますが)
  3. 表はセルをシンプルに!


ホーム > Netscape Composer講座 > 表でレイアウト