ホーム > Netscape Composer講座 > 

文字

ワープロ感覚の文字の入力から始めます。

入力  ★★★

では、編集画面で何か入力してみて下さい。これは簡単ですね。

文字の種類 ★★★

う〜ん。ここは前半の山場になりそうですよ。では..
ホームページの文字にはいろいろな種類があります。
種類を変更するには変更したい行にカーソルを持っていきテキストの種類を選択します。
ここではよく使うもののみ説明します。その他は文字の種類:全て解説ページを参照して下さい。
  

●本文のテキスト−ホームページでは見た目は一緒でも[本文のテキスト(BODYタグ)]と[段落(Pタグ)]があり文字を中央に揃えるときなどは段落ごとの指定が一般的でレイアウトも整えやすい為、なるべく段落を指定しましょう。
●段落−初心者の方は取り敢えずNetscapeComposerを開いたら段落にしておきましょう。あとあとレイアウト面で楽になります。

●見出し1〜6−文字の大きさを変更すると共に太字で表示します。

文字の大きさ ★★

文字の大きさを変更するにはを使います。

手順1:大きさを変更したい文字部分をドラッグして反転させます。

手順2:をクリックして大きさを変更します。
小さく
大きく

参考:大きさの限界

文字の装飾  ★★

文字に太字・斜体・下線と変化を付けます。

手順1:大きさを変更したい文字部分をドラッグして反転させます。

手順2:それぞれ装飾を選びます。 
太字 No.1
斜体 No.1
下線 No.1

参考:効果は複合できます。
太字 + 斜体 No.1
太字 + 斜体 + 下線 No.1

文字の色 ★★

文字の色はで簡単に変更できます。

手順1:色を変更したい文字部分をドラッグして反転させます。

手順2:をクリックします。重なっている方がテキストの色設定です。

手順3:文字列の色ダイアログボックスが開きますので
色選択 → OK

出来上がり
 No.1

参考:[標準設定]とは全く色を設定しないと言う意味。標準は黒。
もっと慣れてくるとCSS(スタイルシート:Cascading Style Sheets)を使う場合には必須。


ホーム > Netscape Composer講座 >